ホーム > 英語教育

英語に特化した3年間の教育の流れ

豊富かつ実践的な授業で
ハイレベルな英語運用力を習得

「特別進学コース グローバルコミュニケーション」の設置

 

すでに英語でのコミュニケーション力(英検準2級程度)のある生徒が対象の専攻です。
「特別進学コース グローバルコミュニケーション」のコンセプトは、将来的に世界中のどんな場所でも、誰とでもコミュニケーションをとることができ、英語を使って学ぶことや働くことができる人材を育成すること。
英語でのプレゼンテーションやディスカッションでトレーニングを行い、ハイレベルな英語運用力の習得を目指します。

英語入試受験資格表

検定名 受験資格・スコア 備考
英語検定 準2級、2級、1級いずれか 合格証のコピーを提出
TOEIC Bridge 総合(Listening、Reading)130点以上 スコア表のコピーを提出
GTEC 3技能(Reading, Listening,Writing)の合計が460点以上 スコア表のコピーを提出

※その他の検定については個別にご相談ください。

「グローバルコミュニケーション」の授業内容とは?

 

「グローバルコミュニケーション」では、基本は特別進学コースと同じカリキュラムをベースとしながら、英語の授業時間を⾼校1年次は10単位、2年次は9〜11単位、3年次は12〜18単位と⼤幅に確保。大学入学後、すぐに英語でプレゼンテーションやエッセイライティングに対応できる英語力を身につけます。

このほか、高1・高2では、Skypeを使った「Online Speaking Training」も導入。中高生に特化したテキストを使い、オンラインで1対1の英会話を実施することで、スピーキング力を高めます。
さらに、高1の1月~3月、高2の7月~9月に、それぞれ約3ヵ月間の留学(ワンターム留学)の機会があるほか、高1・高2の春休みに実施される2週間のホームステイ語学研修、各種交換留学団体を通して行う1年間留学など、さまざまな留学プログラムが用意されています(留学プログラムは希望者が対象です)。
また、海外大学の併願も推奨します。

「グローバルコミュニケーション専攻」の授業風景
♣「グローバルコミュニケーション専攻」の授業内訳♣
  • 高1 必修(10単位)+コミュニケーション英語Ⅰ(4)、英語表現Ⅰ(2)、English Presentation(3)、オンライン英語(1)
  • 高2 必修(9単位)選択(2単位)+コミュニケーション英語Ⅱ(4)、英語表現Ⅱ(2)/English Presentation and Discussion(2)、オンライン英語(1)/English Presentation and Discussion(選択2)
  • 高3 必修(12単位)選択(2~6単位)+コミュニケーション英語Ⅲ(5)/英語表現Ⅱ(2)、English Debate(4)/オンライン英語(1)、English Public Speaking(選択4)、Academic Writing(選択2)

※英語に力を入れた専攻となるので、数学A・Bや基礎以外の生物・化学は履修できません。

「特別進学コース グローバルコミュニケーション」

本専攻1年⽣の「GTEC for STUDENT」の平均スコアが525.3点となりました。このスコアは⼀般的な⾼校卒業時の推奨グレードで、海外の⾼校の授業に参加できるレベルです。

GTEC for STUDENT 英語力レベル

GRADE TOTALスコア 推奨スコアガイドライン
7 710~810 Advanced-Plus Learner 大学での専門教育を英語で学べるレベル
6 610~709 Advanced Learner 海外進学を視野に入れることができるレベル
5 520~609 High Level 海外の高校の授業に参加できるレベル
4 440~519 Intermediate Level 海外ホームステイや語学研修で楽しめるレベル
3 380~439 Primary Level ALTと日常的な会話をし、英語体験を楽しめるレベル
2 300~379 Introductory Level 定型的なやりとりであればできるレベル
1 ~299 Preparatory Level 挨拶程度の簡単なコミュニケーションができるレベル

高校卒業後の進路について

 

「グローバルコミュニケーション」では、国際教養大学を筆頭に、国際基督教大学、同志社大学、青山学院大学などのスーパーグローバル大学への指定校推薦や、宮城学院女子大学への推薦制度を利用しての進学といった進路がひらけます。
また、海外大学の併願も推奨しています。

♣「グローバルコミュニケーション」の海外大学進学について♣

英語を学ぶために海外大学に進学するのではありません。宮城学院高等学校では英語を使って何を学ぶのかを重視した海外大学進学を指導します。
そのために、海外大学を紹介する説明会を実施し、進学に必要なTOEFL iBTの指導を行う予定です。

先生の声

先生アイコン

【グローバルコミュニケーションについて先生から】Mr.Jonathan

The best way to learn English is by using it. With this idea in mind, we have designed the Global Communications class to be a collaborative learning environment where everyone learns from each other, students and teacher alike. The class sizes are kept relatively small so that the time students spend in class speaking English can be maximized. The course is challenging, but it is also lively, engaging, and rewarding.
We strive to make Global Communications the premiere English course in Sendai, but in order to do so we need you, the student who is ready to succeed.

Global Communication Miyagi Gakuin

生徒の声

生徒アイコン1

【3年後には海外進学しさらに夢を達成したい。】高校1年生

私がGCに入ったのは、元々、海外と英語に興味を持っていて、将来は海外で活躍したいという夢を持っていたからです。GCに入ると、先生は英語ができない私を優しく助けてくれたり、簡単な英語で分かるまで説明してくれました。しかし、私は分からない単語があると会話が続かなくなってしまいます。この課題と向き合い、3年後の目標である海外進学、さらに夢を達成できるよう、前進していきたいです。

ページ先頭へ