ホーム > 進路指導

進路指導

 

宮城学院高等学校では、生徒との面談を通じて、個々の可能性を最大限に引き出す進路指導を行っています。学年会やAD担任会議などでは模試の成績を分析し、勉強の仕方についてアドバイスを行います。特に高校ADコースについては、個々の生徒がフォーサイト手帳と呼ばれるシステム手帳で日々の学習を管理しており、2~3週間に一度、手帳を見ながらスタディモールの支援室等で担任と面談を行い、きめの細かい学習・進路指導を展開しています。

ページ先頭へ